一般化した背景

マンション

住宅ローンの返済ができなくなってしまった時の対策の一つとして、任意売却があります。
任意売却とは、住宅の所有者が任意で自宅を売却し、売却した金額を住宅ローンの返済に充てることで債務を減らす目的があります。
ただし、それでも残った債務に関しては返済義務が続くため、任意売却をしたからと言って一概に住宅ローンの返済義務がなくなるわけではありません。
もし住宅ローンの返済をチャラにしたいというのなら自己破産を選択することになりますが、この場合は住宅が失われるのはもちろん、土地、自動車、生命保険など大口の財産も一緒に処分されることになってしまいます。
しかし任意売却をするだけなら住宅以外の財産を失うことはありません。
その上で債務を大幅に減らすことができるとして勧められている方法です。
もちろん法的な手段ですので、安心して利用することができます。
そもそも任意売却は日本のデフレ化が長期化したことにより一般化した制度です。
デフレになると、物価が安くなると同時に給料も下がってしまうのがネックですが、そのため住宅ローンの返済ができなくなってしまう人が増えました。
そこで債権者と債務者双方の救済制度として設けられたのです。
今は景気が回復してきていると言われていますが、一般家庭の景気が目に見えて回復するにはまだ時間がかかるでしょう。
それを踏まえると、現在住宅ローンを抱える方は、任意売却の相談先について知っておいた方がいいかもしれません。
相談先には任意売却仲介業者または買取業者があります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930